ホーム > 会社概要・アクセス

投稿論文一覧

年別目次

※以下著者名の項目は敬称略

2017年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
杉崎光一
劣化と回復に着目した橋梁ストックの動態分析,鉄道工学シンポジウム 論文集,第21号 2017.7
関玲子
栗林健一
齋藤岳季
杉崎光一
高架橋の鉄筋かぶり厚さと変状の関係性把握について,鉄道工学シンポジウム論文集,第21号 2017.7
阿部雅人
信田佳延
SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」における新しい点検手法の取組,橋梁と基礎,Vol.51 2017.8
阿部雅人
杉崎光一
社会基盤メインテナンス・マネジメント〜戦略と実行〜,長崎大学インフラ長寿命化センター道守養成ユニット,講義資料 2017
阿部雅人
杉崎光一
実践 構造ヘルスモニタリング,長崎大学インフラ長寿命化センター道守養成ユニット,講義資料 2017
M. Abé
Y.Fujino
Monitoring of long-span bridges in Japan, Proceedings of the Institution of Civil Engineers - Civil Engineering 2017
M.Abé
Y.Fujino
Displacement based monitoring of civil structures, The 13th International Workshop on Advanced Smart Materials and Smart Structures Technology 2017

このページのトップへ

2016年

著者 タイトル 発行
藤野陽三
阿部雅人
インフラ維持管理・更新・マネジメント技術の現在と今後,検査技術,Vol.21,No.5 2016
松村隆爾
杉崎光一
鎌田敏郎
松田浩
コンクリートのひび割れおよび剥離・剥落の点検技術の評価に関する研究,土木学会論文集F4,Vol.72,No.3,pp.73-83 2016
阿部雅人
長山智則
藤野陽三
欧州における橋の点検・モニタリング・マネジメント─ ヘルムート・ヴェンツェル氏講演 ─ ,橋梁と基礎,No.4 2016.4
中山等
阿部雅人
オーストリアにおける橋梁その他構造物のモニタリングに関する通達,橋梁と基礎,No.10 2016.10
杉崎光一
阿部雅人
藤野陽三
橋梁モニタリングにおける構造性能指標と評価法,鋼構造年次論文報告集,No.24 2016
阿部雅人
杉崎光一
検査・履歴情報に基づく橋梁塗装マネジメントの提案,第20回鉄道工学シンポジウム 2016

このページのトップへ

2015年

著者 タイトル 発行
杉崎光一
阿部雅人
小林亮司
阿部允
八島博昭
運用ニーズに基づく橋梁変位計測システムの開発,鋼構造年次論文報告集,No.23 2015
阿部雅人
杉崎光一
鋼鉄道橋のストックマネジメント支援のための情報化と利活用,第19回鉄道工学シンポジウム 2015
杉崎光一
阿部雅人
阿部允
橋梁の災害・事故リスクの統計的分析,第8回 JCOSSAR 2015.7
阿部雅人 橋梁の履歴データを利用した寿命とメンテナンス効果の推定,腐食防食学会第 68回技術セミナー資料 2015.10
M. Abé Control system modeling of stock management for civil infrastructure, Smart Structures and Systems, Vol.15, No.3, pp. 609-625 2015
分担共著
土木学会
社会インフラ メンテナンス学−1.総論編, 2.工学編,2016.2 「社会インフラメンテナンス学」 2015
分担共著
土木学会
構造工学シリーズ 24 センシング情報社会基盤,構造工学委員会 センシングと情報社会基盤研究小委員会 2015

このページのトップへ

2014年

著者 タイトル 発行
M.Abe
Y.Fujino
M.Shimamura
Risk management and monitoring of Japanese railway bridges, Proceedings of ICE - Forensic Engineering, Vol.167, No2, pp.88-98 2014
M.Abe
M.Shimamura
Performance of Railway Bridges during 2011 Tohoku Earthquake, Journal of Performance of Constructed Facilities, ASCE, Vol.28, No.1 2014
岡本陽介
大谷将一朗
中山太士
松井繁之
鋼部材に発生した疲労き裂の補修方法に関する検討,鋼構造年次論文報告集,No.22 2014
阿部雅人
杉崎光一
阿部允
リスクを考慮した鋼橋マネジメントの体系,鋼構造年次論文報告集,No.22 2014
阿部雅人
杉崎光一
岡本陽介
埣浦康行
慣性計測による橋梁上部工モニタリング,第18回鉄道工学シンポジウム 2014
杉崎光一
阿部雅人
紺野克昭
加速度計測による地震時最大変位推定法,第14回日本地震工学シンポジウム 2014.12
安達直希
丹羽雄一郎
公門和樹
鋼合成鉄道橋における共振発生条件の分析,第69回土木学会年次学術講演会 2014
八島博昭
石塚剛
小芝明弘
鋼鉄道橋に発生した亀裂とその対策についての一考察,第69回土木学会年次学術講演会 2014
欅健典
杉崎光一
列車通過時の最大変位を指標とした橋脚の洗掘状態評価の検討,第69回土木学会年次学術講演会 2014
阿部雅人
杉崎光一
阿部允
リスクを考慮した構造物マネジメントの体系,第69回土木学会年次学術講演会 2014
杉崎光一
欅健典
阿部雅人
列車通過時の加速度応答を利用した橋脚変位計測法,第69回土木学会年次学術講演会 2014

このページのトップへ

2013年

著者 タイトル 発行
杉崎光一
阿部雅人
鈴木修
連行荷重を受ける構造物の加速度計測による変位推定方法,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.69,No.3,pp.516-526 2013
杉崎光一
阿部雅人
輿水聡
慣性計測を用いた鉄道橋モニタリングのためのセンサ性能評価,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.69,No.2,pp.315-328 2013
阿部雅人
杉崎光一
鈴木修
欅建典
加速度計を利用したラーメン高架橋の地震モニタリング方法の検討,第17回鉄道工学シンポジウム 2013.7
阿部雅人
杉崎光一
石井秀和
阿部允
鉄道構造物における予防保全型検査・供用保全体系,鋼構造シンポジウム 2013.11
岡本陽介
杉崎光一
阿部雅人
運用性に着目した橋梁のたわみ計測システムの開発,第68回土木学会年次学術講演会 2013.9
阿部雅人
杉崎光一
紺野克昭
藤野陽三
不規則振動理論を用いた応答スペクトル・SI値の簡易推定法,第68回土木学会年次学術講演会 2013.9
阿部允
阿部雅人
杉崎光一
鉄道構造物における予防保全型検査・供用保全体系,第68回土木学会年次学術講演会 2013.9
杉崎光一
欅健典
鈴木修
阿部雅人
橋脚モニタリングにおける変位指標の長期評価,第68回土木学会年次学術講演会 2013.9
Lee,W
Abe,M.
Cubrinovski,M.,
Yen,C.
Wu,M.
Chen, C
Forensic Investigation and Performance Analysis for Bridges under Extreme Natural Hazards, Keynote, 5th International Conference on Forensic Engineering, Informing the Future with Lessons from the Past, Institution of Civil Engineers, London 2013

このページのトップへ

2012年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
藤野陽三
阿部允
線形システムモデルを用いた予防保全の効果に関する考察,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 68, No. 2,pp.325-330 2012.6
阿部雅人
藤野陽三
加速度記録からの地震時最大応答変位推定の非弾性応答への拡張,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.68,No.1,pp.63-72 2012
杉崎光一
阿部雅人
輿水聡
構造ヘルスモニタリングのための慣性センシングによる傾斜・振動計測法 ,土木学会論文集A1,Vol.68,No.1,pp.216-225 2012
杉崎光一
阿部雅人
岡本陽介
鈴木修
常時微動による性能評価に基づく橋脚モニタリング方法の検討,第16回鉄道工学シンポジウム 2012.7
岡本陽介
阿部雅人
杉崎光一
栗林健一
慣性計測による下路鉄道橋のモニタリングに向けた基礎検討,鋼構造年次論文報告集第20巻 2012.12
栗林健一
露木寿
岡本陽介
杉崎光一
鉄道鋼橋の異常検知手法の基礎検討,鉄道技術連合シンポジウム講演論文集,19巻 2012.12
鈴木修
杉崎光一
阿部雅人
慣性センサを用いた洗掘検知装置の開発,センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム,29巻 2012.10
鈴木修
杉崎光一
岡本陽介
阿部雅人
変位を指標とした鉄道橋脚の定量的評価手法の研究,第67回土木学会年次学術講演会 2012.10
杉崎光一
阿部雅人
岡本陽介
鈴木修
常時微動による外力特性を考慮した橋脚長期モニタリング方法の検討,第67回土木学会年次学術講演会 2012.10
岡本陽介
阿部雅人
杉崎光一
栗林健一
慣性計測による下路鉄道橋のモニタリングに向けた基礎検討,第67回土木学会年次学術講演会 2012.10
願永留美子
丹羽雄一郎
公門和樹
長田文博
経年劣化した鋼鉄道橋BP支承の可動特性に関する調査,年次学術講演会講演概要集 第1部,Vol.66,pp.221-222 2011
Abe,M
Shimamura,M.
Performance of Railway Bridges during 2011 Tohoku Earthquake, Journal of Performance of Constructed Facilities, ASCE 2012

このページのトップへ

2011年

著者 タイトル 発行
杉崎光一
阿部雅人
輿水聡
加速度計と傾斜計を利用した橋脚の地震モニタリング方法の検討,第15回鉄道工学シンポジウム,pp.49-56 2011.7
輿水聡
杉崎光一
阿部雅人
鉄道橋りょうの橋脚における地震モニタリング,第66回土木学会年次学術講演会 2011.10
阿部雅人
杉崎光一
藤野陽三
西川貴文
紺野克昭
多点振動計測による構造物の常時健全性モニタリング,第7回JCOSSAR 2011.7
阿部允
阿部雅人
杉崎光一
構造物維持管理マネジメントにおけるモニタリングのコンセプト,第7回JCOSSAR 2011.7
杉崎光一
阿部雅人
島村誠
鉄道運行における自然災害リスク評価に向けた統計的分析,第7回JCOSSAR 2011.7
堀合聡
杉崎光一
阿部雅人
阿部允
三宅浩一郎
慣性計測による鉄道橋のモニタリング,鋼構造年次論文報告集第19巻 2011.11
紺野克昭
西川貴文
藤野陽三
阿部雅人
東北地方太平洋沖地震における芝浦工大豊洲キャンパスの地震観測記録, 日本建築学会学術講演会梗概集 2011.8
公門 和樹
中山太士
藤野恭平
早瀬仁志
高経年ピントラス橋の維持管理事例,年次学術講演会講演概要集 第1部,I-612,Vol.66,pp. 1219-1220 2011
中山太士
岡本陽介
小芝明弘
松井繁之
支圧接合による鋼鉄道橋の補修方法の検討,年次学術講演会講演概要集 第1部,I-617,Vol.66,pp. 1229-1230 2011

このページのトップへ

2010年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
藤野陽三
移動体上の風センシングによる竜巻検知の試み,土木学会論文集A,Vol. 66,No.4,pp.637-642 2010.10
阿部雅人
藤野陽三
不規則外力に対する加速度記録からの最大応答変位推定,土木学会論文集A,Vol. 66,No. 3,pp.477-490 2010
杉崎光一
増井陽介
堀合聡
阿部雅人
阿部允
島村誠
傾斜センサを用いた洗掘モニタリングシステムの開発,第14回鉄道力学シンポジウム 2010.7
島村誠
杉崎光一
防災対策によるリスク低減効果の定量評価に関する考察,第14回鉄道力学シンポジウム 2010.7
堀合聡
杉崎光一
阿部雅人
阿部允
増井洋介
変位に着目した鋼鉄道橋のモニタリングに関する基礎的研究,鋼構造年次論文報告集,第18巻,pp.595-602 2010.11
阿部雅人
藤野陽三
橋の工学とマネジメントをめぐる複雑な関係,橋梁と基礎,44巻,6号,pp.33-41 2010.6
阿部允 予防保全重視で検査はどう変わるか検査の強化でリスクの軽減を,日本鉄道施設協会誌,pp.104-107 2010.2
藤野陽三
阿部雅人
I‐35Wミシシッピ川橋梁の再建と工期短縮のための契約方式,橋梁と基礎,44巻,5号,pp.24-27 2010.5
相田亨
明石直光
鈴木博之
高力ボルトワッシャーおよびバルブスリーブに生じたき裂に関する基礎的研究,年次学術講演会講演概要集 第1部,I-447,Vol.65,pp.893-894 2010
岡義晃
田村義政
佐藤徹
蔦守隆
鋼鉄道橋トラス橋の縦桁に発生した疲労き裂の要因と対策工法,年次学術講演会講演概要集 VI-191,Vol.65,pp.381-382 2010
Abe,M.
Sugisaki,K.
Horiai,A.
Abe,M.
Shimamura,M.
Bridge pier scour monitoring using tiltmeter and accelerometer, 5th World Conference on Structural Control and Monitoring, Tokyo, 2010
Sugisaki,K.
Abe,M.
Abe,M.
Shimamura,M.
Development of health monitoring indicators for steel bridges and its implementation to sensing systems, 5th International Conference on Bridge Maintenance, Safety and Management, IABMAS, Philadelphia, Pennsylvania 2010

このページのトップへ

2009年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
藤野陽三
不規則振動理論を援用した加速度記録からの地震時最大応答変位のリアルタイム推定,土木学会論文集A, Vol.65,No.1,pp.136-150 2009
阿部雅人
藤野陽三
システム制御理論の視点からのストックマネジメントのマクロ分析,土木学会論文集A,Vol.65,No.2,pp.474-486 2009.5
阿部雅人 性能の不適合と維持管理‐橋梁を中心として‐,コンクリート工学,Vol.47,No.9 2009.9
藤野陽三
阿部雅人
米国での高架橋火災の復旧対応,高速道路と自動車,Vol.52,No.4 2009.4
阿部雅人
藤野陽三
カナダ・ケベック州跨道橋崩壊事故の調査報告,橋梁と基礎,43巻,1号,pp.59-62 2009.1
松岡弘大
貝戸清之
杉崎光一
渡辺勉
列車走行時の加速度応答を用いた開床式橋梁の振動特性の同定,コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.2 2009
明石直光
相田亨
鈴木博之
ワンサイドボルトを用いたボルト締めストップホール工法の実験的研究,年次学術講演会講演概要集 第6部,VI-384,Vol.64,pp.767-768 2009
松岡弘大
貝戸清之
杉崎光一
渡辺勉
ERAを用いた列車通過前後における開床式高架橋の振動特性の同定,年次学術講演会講演概要集 第1部,I-119,Vol.64,pp.237-238 2009

このページのトップへ

2008年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
藤野陽三
自然災害リスクの特性に関する統計分析,土木学会論文集A,Vol.64,No.4,pp.750-764 2008.11
阿部雅人
藤野陽三
阿部允
取替を考慮した無限期間ライフサイクルコストによる維持管理戦略の評価法,土木学会論文集A,Vol.64,No.4,pp.814-824 2008.11
原田和洋
杉崎光一
貝戸清之
曽我部正道
鉄道橋の動的応答における部材振動性状の簡易同定法,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3 2008.7
杉崎光一
貝戸清之
曽我部正道
走行列車荷重を利用した鉄道橋の振動モニタリング,第63回土木学会年次学術講演会 2008.8
丹羽雄一郎
近藤拓也
中山太士
松本健太郎
相田亨
鋼鉄道トラス橋マクラギが縦桁上フランジに及ぼす影響について,年次学術講演会講演概要集 第1部,I-232,Vol.63,pp.463-464 2008
原田和洋
曽我部正道
杉崎光一
貝戸清之
鉄道RC高架橋における部材振動性状の簡易推定法,年次学術講演会講演概要集V-583,Vol.63,pp.1165-1166 2008
鍛冶秀樹
小澤弘章
杉ア英司
神田仁
阿部允
東海道新幹線鉄けた特別検査マニュアルの作成について,年次学術講演会講演概要集 IV-164,Vol.63,pp.327-328 2008
Suzuki,O.
Masui,Y.
Abe,M.
Samizo, M.
Shimamura,M
Development of multifunction scour monitoring device for railway bridge piers, part I-concept and back ground, 4th International Conference on Scour and Erosion, Tokyo 2008
Masui,Y.
Suzuki, O.
Abe,M.
Samizo,M.
Furukawa,H.
Shimamura,M.
Development of multifunction scour monitoring device for railway bridge piers, part II-results of field testing, 4th International Conference on Scour and Erosion, Tokyo 2008

このページのトップへ

2007年

著者 タイトル 発行
阿部雅人
阿部允
藤野陽三
我国の維持管理の展開とその特徴,土木学会論文集F,Vol.63,No.2,pp.190-199 2007.6
貝戸清之
杉崎光一
小林潔司
事前の主観的情報が劣化予測結果のベイズ更新に及ぼす影響,構造工学論文集,Vol.53A, pp.774-783 2007.8
貝戸清之
杉崎光一
曽我部正道
藤野陽三
走行列車荷重を利用した橋梁振動特性の同定,第7回JCOSSAR 2007.7
杉崎光一
貝戸清之
小林潔司
競合型ハザードモデルによる複合劣化現象のモデル化,建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集,Vol.25,pp.69-72 2007
阿部允 土木講座 構造物の延命化/技術開発と対策 やりくりのアセットマネジメント,日本鉄道施設協会誌,Vol.45(1),pp.62-65 2007
大都亮
中山太士
小芝明弘
鋼鉄道トラス橋の補剛材天端の補強方法について,年次学術講演会講演概要集,Vol.62,pp.306-307 2007
小野桂寿
小芝明弘
金子忠男
新田昭彦
鋼鉄道橋の溶接部から発生した亀裂に関する一考察,年次学術講演会講演概要集,Vol.62, pp309-310 2007
中山太士
丹羽雄一郎
小芝明弘
近藤拓也
鉄道下路トラス橋縦桁補修方法の対策方法に関する一考察,年次学術講演会講演概要集,Vol.62,pp.265-266 2007
Suzuki,O.
Abe,M.
Shimamura,M.
Matsunuma,M.
The health monitoring system for railway bridge piers, 3rd International Conference on Structural Health Monitoring and Intelligent Infrastructure, Vancouver 2007
Abe,M.
Fujino,Y
Distributed inversion algorithm for sensor networks, World Forum on Smart Materials and Smart Structures Technology, SMSST'07, China 2007
Fujino,Y.
Abe,M.
Characterization of risk, hazard and vulnerability in natural disasters, 10th International Conference on Applications of Statistics and Probability in Civil Engineering, Tokyo 2007
Abe,M.
Fujino,Y.
Reanalysis of life cycle costs in management of steel railway bridges, 2007 International Symposium on Integrated Life-Cycle Design and Management of Infrastructure, China 2007
Abe,M.
Shimamura,M.
Matsunuma,M.
Bridge substructure monitoring using live load induced vibration, TRB 86th Annual Meeting, Washington D.C 2007

このページのトップへ

2006年

著者 タイトル 発行
津田尚胤
貝戸清之
山本浩司
小林潔司
ワイブル劣化ハザードモデルのベイズ推計法,土木学会論文集F 巻,Vol.62,pp.473-491 2006
杉崎光一
貝戸清之
小林潔司
目視検査周期の不均一性を考慮した統計的劣化予測手法の構築,構造工学論文集,Vol.52A,pp.781-790 2006.3
阿部允
阿部雅人
鉄道施設を支えた新技術―その誕生と進化―(6)橋梁のメンテナンス,日本鉄道施設協会誌,44巻,6号,pp.443-446 2006.6
阿部雅人 カナダ・ケベック州で跨道橋が突如落下,橋梁と基礎,40巻,11号,pp.55-56 2006.11
青木一也
貝戸清之
小林潔司
ライフサイクル費用評価が複数橋梁の劣化・補修過程に及ぼす影響,土木計画学研究・論文集,Vol.23,pp.39-50 2006
貝戸清之
杉崎光一
中小鉄道会社向けのWeb型橋梁データベースの開発,建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集,Vol.24,pp.21-24 2006
高橋武志
井上英一
加藤勝
浅岡敏明
トラフガーダーの部材補修補強による延命化と性能評価,年次学術講演会講演概要集,Vol.61,pp.006-007 2006
大住圭太
森猛
山田浩二
浅岡敏明
鋼床版垂直スティフナーすみ肉溶接部の疲労を対象とした補強方法,年次学術講演会講演概要集,Vol.61,pp539-540 2006

このページのトップへ

2005年

著者 タイトル 発行
貝戸清之
保田敬一
小林潔司
大和田慶
平均費用法に基づいた橋梁部材の最適補修戦略,土木学会論文集,No.801,pp.83-96 2005
津田尚胤
貝戸清之
青木一也
小林潔司
橋梁劣化予測のためのマルコフ推移確率の推定,土木学会論文集 No.801,I -73,pp.69-82 2005
杉崎光一
貝戸清之
小林潔司
目視検査データに基づく橋梁部材の劣化予測,建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集,Vol.23,pp.51-54 2005
長谷川淳史
曽我部正道
川村力
石井秀和
鉄道コンクリート構造物の全般検査支援システムの開発(維持管理),コンクリート工学年次論文集,27(1),pp.1855-1860 2005.6
青木一也
貝戸清之
小林潔司
橋梁アセットマネジメントのためのシミュレーションモデル, 第32回土木計画学研究・講演集, CD-ROM, No.45, 宮崎大学 2005
貝戸清之 鉄道におけるアセットマネジメント,橋2003-2004,土木学会,pp.96-97 2005.3
貝戸清之 カルテ機能を搭載した橋守データベース,橋2003-2004,土木学会,pp.100-101 2005.3
貝戸清之 部分塗装による長寿命化,橋2003-2004,土木学会,pp.102-103 2005.3
貝戸清之
石井秀和
杉崎光一
石井博典
北川慶祐
橋梁振動と列車振動の同期計測,第60回土木学会年次学術講演会 2005.8
下園武範
阿部雅人
藤野陽三
小芝明弘
鹿間剛
車両振動に着目した軌道モニタリングシステムの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,Vol.58,pp.5-6 2003
石井博典
北川慶祐
水野裕介
藤野陽三
貝戸清之
軌道モニタリングシステムにおける位置同定手法の検討,第60回土木学会年次学術講演会 2005.8
貝戸清之
水野裕介
石井秀和
維持管理の基本方針の策定に関する一考察,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.59,pp.090-091 2004.
小芝明弘
公門和樹
森猛
田中雅人
宮原幸春
鋼床版垂直スティフナーすみ肉溶接部の疲労を考慮した補強方法,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.60,pp.500-501 2005
小高弘行
森猛
阿部允
成本朝雄
公門和樹
高感度疲労損傷度モニタリングセンサーの試作,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.57,pp499-500 2002
水野裕介
藤野陽三
貝戸清之
鉄道構造物の保全・危機管理を対象とした情報マネジメントシステムの構築,土木学会年次学術講演会講演概要集CS14-003,Vol.60 2005
高見満
赤井司
浅岡敏明
田嶋芳嗣
新潟県中越地震により被災した道路橋の工事車両通行に関する緊急調査及び検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第5部,Vol.60,pp.578-579 2005

このページのトップへ

2004年

著者 タイトル 発行
水野裕介
阿部雅人
藤野陽三
Sandy MERET
阿部允
Web による情報共有型橋梁マネジメントシステムの開発,土木学会論文集,No.770,Y-64,pp.65-77 2004.8
森猛
公門和樹
小高弘行
成本朝雄
阿部 允
疲労損傷度モニタリングセンサーの高感度化,土木学会論文集,No.766,T-68,pp.357-362 2004.7
阿部允 構造物の長寿命化による安全強化と低コスト化への試み,JREA 47(7),30171-30173 2004
貝戸清之
藤野陽三
阿部允
講座鋼橋の防食設計とLCC評価(その4)LCC評価における目視検査結果の活用,橋梁と基礎 38(4),pp.49-54 2004.4
公門 和樹
森猛
村越潤
麓興一郎
次村英殻
疲労損傷度モニタリングセンサーによる実橋モニタリング,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,pp.130-131,Vol.59 2004
野室明久
荒鹿忠義
浦海忠司
相田亨
小芝明弘
鉄けた部材の耐火性実験について,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol.59,pp.156-157 2004
中山太士
木村元哉
小芝明弘
鋼・合成鉄道橋の疲労調査,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.59,pp.556-557 2004
川元隆史
佐藤浩二
小芝明弘
無道床ボックス桁鉄道橋の変状メカニズムとその対策について,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol.59,pp100-101 2004
杉崎光一
阿部允
貝戸清之
確率的劣化プロセスを考慮した最適補修投資モデルに関するケース分析,第59回土木学会年次学術講演会 2004.9
相田亨
阿部允
貝戸清之
杉崎光一
長寿命化を意識したアセットマネジメントの一手法と実施例,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.59,pp.089-090 2004
鎌田卓司
曽我部正道
川村力
石井秀和
既設コンクリート構造物の目視検査支援システムの構築,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.59,pp.1341-135 2004
水野裕介
藤野陽三
貝戸清之
ストックマネジメントにおける情報流通に関する検討,土木学会年次学術講演会講演概要集CS2-001,Vol.59 2004

このページのトップへ

2003年

著者 タイトル 発行
貝戸清之
阿部允
藤野陽三
実測データに基づく構造物の劣化予測,土木学会論文集,No.744,W-61,pp.29-38 2003.10
公門和樹
森猛
成本朝雄
平山繁幸
阿部允
亀裂を有する極薄ステンレス鋼板を用いた疲労損傷度モニタリングセンサーの開発,土木学会論文集,No.738,T-64,pp.245-255 2003.7
貝戸清之
阿部允
石井秀和
杉舘政雄
劣化予測に基づく塗装周期の妥当性検証と経済性評価,第7回鉄道力学論文集シンポジウム,pp.13-18 2003
阿部允
貝戸清之
維持管理技術 (特集 競争力の時代) -- (各分野の競争力), 橋梁と基礎 37(8),pp.47-49 2003.8
曽我部正道
佐藤勉
石井秀和
既設コンクリート構造物の健全度評価システム,日本鉄道施設協会誌,41(5),pp.355-357 2003.5
川村力
曽我部正道
石井秀和
佐藤勉
デジタルカメラを用いたひび割れ測定法の標準化に関する検討(非破壊検査・診断),コンクリート工学年次論文集,25(1),pp.1601-1606 2003.7
公門和樹
阿部允
黒川資之
森猛
成本朝雄
疲労損傷度モニタリングセンサーを対象とした疲労損傷度評価式の精度,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.879-880 2003
小高弘行
森猛
公門和樹
阿部允
成本朝雄
変動振幅応力に対する疲労損傷度モニタリングセンサーの適用性,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.877-878 2003
小芝明弘
宮西正人
八島博明
相田亨
宮原幸春
鋼橋の疲労損傷に対する応力軽減工法の現場適用例,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.1093-1094 2003
水島健太郎
志賀学
小芝明弘
石井秀和
池田学
鋼鉄道橋における横振れによる影響の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol. 58,pp.15-16 2003
石井秀和
松尾伸二
篠原良治
横振れが生じる鋼鉄道橋の維持管理と横振れ抑制を目的とした対策案の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.929-930 2003
阿部允
高橋郁夫
貝戸清之
水野裕介
石井秀和
中小鉄道会社・地方自治体における維持管理体制の提案と検証,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,Vol.58,pp.531-532 2003
武内紀和
水野光一朗
志子田勝
浅岡敏明
発破による営業線に近接した鋼鉄道橋の撤去(1):橋りょうの腐食劣化と撤去計画,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.1431-1432 2003
井上英一
宍戸幸一
茂木初邦
石井秀和
貝戸清之
発破による営業線に近接した鋼鉄道橋の撤去(2):発破と営業線への影響,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.1433-1434 2003
浅岡敏明
貝戸清之
蔦守隆
成本朝男
鈴木博之
紫外線硬化型樹脂シートによる疲労き裂の進展抑制,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.909-910 2003
貝戸清之
阿部允
劣化予測に基づく塗装周期の妥当性の検証,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.953-954 2003
相田亨
宮原幸春
杉舘政雄
浅岡敏明
森猛
鋼橋の疲労損傷に対応する応力軽減工法の開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.58,pp.1095-1096 2003
蔦守隆
八島博昭
小玉広一
橋脚の衝撃振動試験に用いる感振器取付装置の開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.58,pp.707-708 2003

このページのトップへ

2002年

著者 タイトル 発行
貝戸清之 ニューヨーク市における橋梁維持管理マネジメントの現状,橋梁と基礎,36(10),37-41 2002.10
貝戸清之
阿部允
石井秀和
杉舘政雄
劣化速度に着目した劣化予測手法の提案と経済性評価への適用の試み,第9回鉄道技術連合シンポジウム論文集,土木学会,pp.259-262,神戸市産業振興センター 2002.11
蔦守隆
成本朝雄
小芝明弘
公門和樹
貝戸清之
疲労損傷モニタリングセンサーの実構造物への適用,第9回鉄道技術連合シンポジウム論文集,土木学会,pp.259-262,神戸市産業振興センター 2002.11
阿部允
貝戸清之
実測データを用いた構造物の確率論劣化予測手法,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.57,pp.471-472 2002
成嶋健一
友利方彦
小芝明弘
バックルプレート桁の延命化対策とその効果について,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol.57,pp.307-308 2002
坂田浩一
貝戸清之
杉本博之
須永俊明
阿部允
鋼橋ライフサイクルコストの一試算と展望,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部,Vol.57,pp.473-474 2002
貝戸清之
阿部允
劣化速度に着目した構造物の劣化予測,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,Vol.57,pp.269-270 2002
山本篤志
坂野昌弘
山部茂
宮野誠
阿部允
約80年間供用された鉄道桁の腐食状況と疲労挙動,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(B),Vol.56,pp.282-283 2001
水野光一朗
井上英一
浅岡敏明
大谷直生
樹脂を併用したボルト継手による鋼トラス橋の補修とその性能評価,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.57,pp.287-288 2002
三宅浩一郎
茂木初邦
浅岡敏明
錬鉄ピントラス橋のアイバー短縮による延命化,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.57,pp.277-278 2002
東川孝治
曽我部正道
谷村幸裕
長谷川雅志
井上裕司
鉄道橋梁下部工の中性化深さに関する調査,土木学会年次学術講演会講演概要集第5部,Vol.57,pp.539-540 2002

このページのトップへ

2001年

著者 タイトル 発行
貝戸清之
阿部允
公門和樹
藤野陽三
ストック価値を考慮したトータルコスト最小化に基づく橋梁マネージメント,構造工学論文集,Vol.47-AIII,pp.991-998 2001
舘石和雄
判治剛
山田聡
阿部允
溶接継手部に生じた疲労き裂の応力拡大係数の推定手法,鋼構造論文集,第8巻,第31号 2001.9
舘石和雄
判治剛
山田聡
阿部允
溶接継手部に生じた疲労き裂を対象としたき裂進展速度の推定手法,鋼構造論文集,第8巻,第31号 2001.9
石井秀和
蔦守隆
小芝明弘
大島俊之
鋼道路橋における耐荷力診断手法の検討,鋼構造論文集,第8巻,第31号 2001.9
阿部允 橋梁検査技師の資格の確立に向けて (特集 橋を守る技術と人) -- (資格・人),橋梁と基礎 ,35(8),pp.90-92 2001.8
公門和樹
阿部允
森猛
平山繁幸
大野隆士
疲労損傷モニタリング加速センサーの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(B),Vol.56,pp.288-289 2001
石井秀和
大島俊之
小芝明弘
山口昌克
鋼道路橋における耐荷力照査手法の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,Vol.56,pp.300-301 2001
判治剛
舘石和雄
山田聡
阿部允
画像計測による疲労き裂進展速度の推定手法,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(B),Vol.56,pp.248-249 2001
阿部允
茂木初邦
井上英一
浅岡敏明
大谷直生
鋼トラス桁の腐食損傷に対する耐力評価と対策工,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.56,pp.342-343 2001
佐々木洋平
森猛
阿部允
平山繁幸
鋼橋の補修方法選定支援データベースの構築とその利用,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(B),Vol.56,pp.234-235 2001
茂木初邦
佐藤治
浅岡敏明
小出泰弘
光弾性手法によるトンネル覆工応力監視器の開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.56,pp.662-663 2001
長谷川雅志
曽我部正道
谷村幸裕
井上裕司
RCラーメン高架橋の中性化深さに関する調査,土木学会年次学術講演会講演概要集第5部,Vol.56,pp.584-585 2001
井上裕司
曽我部正道
新田耕司
長谷川雅志
鉄筋探査機の鉄道構造物への適用に関する研究,土木学会年次学術講演会講演概要集第5部Vol.56,pp.820-821 2001
今井勉
輿石逸樹
蔦守隆
井上裕司
鋼桁空高支障に備えての衝撃検知センサーの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol.56,pp.426-427 2001

このページのトップへ

2000年

著者 タイトル 発行
水野裕介
阿部雅人
藤野陽三
阿部允
情報技術(IT)援用による橋梁の目視検査支援システムの構築,土木情報システム論文集,Vol. 9,pp.11-18 2000
阿部允
杉舘政雄
鋼橋の疲労診断とシステム化,非破壊検査,49(2),pp.109-115 2000.2
茂木初邦
斎藤忠雄
公門和樹
小芝明弘
Fink式補強桁の実態調査と延命化効果の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A) ,Vol.55,pp.602-603 2000
蔦守隆
公門和樹
杉舘政雄
成本朝雄
中小橋梁向き異状変位モニタリングセンサーの基本強度試験,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A) ,Vol.55,pp.632-633 2000
平山繁幸
森猛
阿部允
公門和樹
成本朝雄
疲労損傷度モニタリングセンサーの実用化について,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,Vol.55,pp.140-141 2000
下山貴史
成嶋健一
小芝明弘
バックルプレート桁の変状と原因究明について,土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,Vol.55,pp.594-595 2000
水野裕介
阿部雅人
藤野陽三
小芝明弘
橋梁維持管理における目視検査支援システムの構築,土木学会年次学術講演会講演概要集共通セッション,pp.190-191,Vol.55 2000

このページのトップへ

1999年

著者 タイトル 発行
公門和樹
阿部允
杉舘政雄
成本朝雄
三木千寿
疲労損傷モニタリングセンサーの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.54,pp.416-417 1999
鈴木博人
大井晴男
小芝明弘
公門和樹
鉄道橋トラス橋の縦桁における疲労損傷の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.54,pp.436-437 1999
小林範俊
小芝明弘
荒井茂
ピンストラス橋りょうの支承ローラー修繕について,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.54,pp.344-345 1999

このページのトップへ

1998年

著者 タイトル 発行
公門和樹
山川雅敏
阿部允
伊藤裕一
疲労寿命からみた鋼橋における検査周期の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),pp.518-519,Vol.53 1998
小芝明弘
小林俊夫
成本朝雄
阿部允
鋼橋鋼材の破壊靭性値試験,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.53,pp.520-521 1998
阿部允
伊藤裕一
三木千寿
杉舘政雄
成本朝雄
モニタリングセンサーの定ひずみ疲労試験におけるき裂の進展性,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.53,pp.376-377 1998
工藤伸司
松沢智之
吉田一
蔦守隆
ゴムシューを用いた鋼鉄道橋の実橋測定,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.53,pp.154-155 1998
蔦守隆
吉池純一
小林俊夫
伊藤裕一
異状検知によるモニタリング手法の検討,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.53,pp.510-511 1998

このページのトップへ

1997年

著者 タイトル 発行
阿部允
杉舘政雄
小芝明弘
鋼橋の点検・診断用システムと機器,橋梁と基礎,No.31,Vol.8,pp.173-179 1997.8
荒勲
杉舘政雄
小芝明弘
岩本哲之
維持管理コンサルタントにおけるISOの位置づけ,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.52,pp.392-393 1997
影本多加夫
高橋郁夫
深石俊治
小芝明弘
鉄桁補強部の部材応力測定による変状原因の推定,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.52,pp.562-563 1997
堀口哲夫
蔦守隆
伊藤裕一
余剰耐力確保のための手法,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.52,pp.394-395 1997

このページのトップへ

1996年

著者 タイトル 発行
小芝明弘
小林俊夫
伊藤裕一
杉舘政雄
阿部允
鋼橋の目視検査システムの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.51,pp.816-817 1996
千葉佳敬
小芝明弘
名古屋貢
山川雅敏
杉舘政雄
橋梁診断の検知情報の合理的搬送システムの開発,土木学会年次学術講演会講演概要集第6部,Vol.51,pp.112-113 1996
工藤伸司
田端治美
蔦守隆
スカーラップを有する継手をもつプレートガーダーの実橋測定,土木学会年次学術講演会講演概要集第1部(A),Vol.51,pp.686-687 1996

このページのトップへ

書籍

著者 タイトル 発行
阿部允 実践 土木構造物メンテナンスの知恵 ベテランが伝授する長寿命化の処方箋,日経BP社 2012.12
阿部允 実践 土木のアセットマネジメント「やりくり」で防ぐ社会資本の荒廃,日経BP社 2006.8

このページのトップへ