NPOによる構造物維持管理技術支援センター


NPO法人 橋守支援センター

Structural Maintenance & Management Support Center



 

橋守とは...

 今から50年以前の橋は丈夫で長持ちしているのに高度成長期以降のものは老朽化が早いものもあることを経験した人も多いのではないかと思います。
 国鉄には、昭和37年まで「橋守」という制度があり、親子何代にも渡って橋の近くに住み、橋を家族ぐるみで自分の家のものとして守っていた人達がいました。
 その橋のことを一番よく知っているのも、また、どうして守ったらいいかよく知っているのもこの人達です。いつも、母親のようにある時はやさしく、ある時は厳しく育てていきました。




地元の専門家の連携で

 あまりお金をかけないようにいつも状態を把握し、そして、成長を見守っていく(リニューアル)結果として長生き(長寿命)する橋が多かったように思います。
 メンテナンスの極意はここにあるように思い、我々はこの精神を引継ごうと考えています。

 

NPO橋守支援センターの活動

トピックス 



・・・・・・・・・・・・お問合せ・・・・・・・・・・・・

本部
   〒261-7125
  千葉県千葉市美浜区中瀬2-6(WBGマリブウエスト25F)
   (株)BMC 内
  TEL:043-297-0207  FAX:043-297-0208
  E-mail: npo@hashimori.jp


東京支部
〒102-0074
   東京都千代田区九段南2-4-12(ジェントリー九段501)
(株)PB 内
TEL:03-3261-1993  FAX:03-3230-0074
E-mail: pbhori@nn.iij4u.or.jp